土鍋ご飯
何年振りかに実家(長野)の稲刈りを手伝いました!

ここ数年、というか、実家を離れてからずっと、稲刈りには参加せずにいました。
実家のあたりは9月中旬から9月末くらいが稲刈りの季節。
最近は旅行に行ってしまうことが多かったし、学生の頃は試験やら卒論やらでてんてこまい。
本気で手伝ったのがいつだったのか覚えていないという始末。

土鍋ご飯

ここ数年、実家の農業を少しは手伝わないといけないなあと思い始めています。
なので、大変な作業のときは手伝うために帰省することにしてるの。

そして今年、もう何年振りかわからないけど稲刈りを手伝いました!

稲を刈るのは機械でやるからいいんだけど、その後に干すのが大変なの。
意外と重たいし、少し詰めながらじゃないと全部干せない。
絶対に男手がいるよなあって思う作業。

今回、友達に協力要請をしたんだけど、さすがシルバーウィーク。
旅行に行っちゃって誰もいやしない(苦笑)。
あんなに手伝いたいだのなんだの言ってたのはなんだったんだー!
もう信じない(笑)。

結果、私と両親の3人で頑張りました。
なんとなく頑張らなきゃって思って、すごく張り切ってしまいました。
楽しいとかはあまりないけど、やりきった感はあったなあ。
このお米を食べるんだから、その分は働かないとねって思った。

南魚沼グルメマラソンに毎年出場しているから、
実家を離れても、お米が身近に感じられているのかもしれない?